新宿に賃貸オフィスを構えることで得られるメリット

賃貸オフィスはおしゃれな新宿に構えるのが吉

ワタクシはとある会社の社長をさせてもらっています。

会社といってもほとんどダレにも知られていない程度のちいさな会社で、「いつかビッグになって戻ってきます」と実家の母親には大見得をきって家出した手前、今全国的に名前を知られると困るので、ここではうちの会社の名前は出しませんが、いつかは日本といえばワタクシ共の会社だよねといわれるぐらい大きくしたいと思っております。

そうやってとりあえずスタート地点にたったワタクシ共でして、それはそれでよかったんですけど、いざ借りてみた記念すべき最初の賃貸オフィスは山に建っていたといっても言い過ぎでないくらい、山に建っていました。

そして山といえばくさ虫の宝庫でして、蚊やらムカデやら多くの羽蟻やらが集まってきてとても仕事どころではありませんでした。

とくに羽蟻の襲撃に毎日毎日秘書ともどもおびえてしまうぐらいすさまじく、売り込み先のお得意様のお相手をしている時間よりも羽蟻の相手をしている時間のほうがおおいんじゃねえか?とその頃なってきていて、なんのために生きているのかがみんな分からなくなっていた頃「引っ越そうか」と秘書がいいました。

家賃が異常に安かったので「ここから離れたらみんなの給料が下がるよ」とワタクシが申しましても「仕方ないよね」とみんなナットクしてくれてそこで社員一同相談した結果「新宿なら羽蟻も出ないだろう」という事で、急遽新宿に引っ越すことになったのです。

「新宿っておしゃれだよね!」という秘書の一言もありました。

さすが新宿は都会ということもありまして賃貸オフィスもどれを選んでいいやらわからないぐらい品揃えも豊富でしたが、ワタクシどもの身の丈にあって手頃な価格で借りられなおかつ羽蟻が出ない賃貸オフィスもちゃんとありまして、社員一同喜んで山から引き上げました。

新宿の経営者である私はリスクが限りなくゼロに近い賃貸オフィス

私は新宿にオフィスを構える経営者です。

会社は大きくしたいと思うのが経営者全員の夢です。

そして、順調に会社が大きくなっていったら社員も当然増えます。

社員が増えたら今度は建物としての会社を大きくしないといけません。

しかし、どれぐらいのスピードで会社規模が大きくなって行くのかは運任せみたいな所がありまして、ある日偶然社員のアイディアで生まれた商品がポンッとヒットを飛ばすこともあるかもしれません。

そういうことが仮にもしあったとしたら、我が社の事業は爆発的に拡大していって、今いる社員では足りなくなり、今いる施設だけでは賄えなくなるのが常道です。

つまり、オフィスをもしつくったとしても、半年後にはそのサイズでは足りなくなってまたオフィスをつくらないといけないという事になりかねません。

それはそれでうれしい悩みでしてまだまだちっぽけな会社である私共がそんな事を考える意味などないのかもしれませんがリスクはリスクとしてちゃんとそこに存在していて、それは建て替えリスクです。

なら最初から賃貸オフィスを借りて社員が増えたら増えたで、もっと大きな賃貸オフィスを借りればいいのです。

今の時代土地を買って会社を建てるなんてことはリスクです。

そしてリスクはなるべく減らすのがまっとうな経営者です。

新宿の賃貸オフィスはメリットだらけ

いまの私は新宿に賃貸オフィスを借りておりリスクをゼロにできたことにひとまず満足しております。

でも、いつかは自分の会社が持ちたいというのが本音ですが、それは大企業にもし仮になれたとしたらの話なので、かなうかどうか分からない夢ですがもしかなうとしたら、限りなくリスクを回避できた経営者だけが到達できる道です。